3月 04

タイトルに書いてあることがほぼ内容の全てなのですが、非常に簡単に使えるE-mailリマインダーがこのFollowUpThen です。

リマインダーの使い方は3通り

  • “To” を 使って未来の自分宛にメールを送る。
  • “CC” を使って相手にも自分にも指定した時間にもう一度そのメールが届く
  • “BCC”を使って相手に送ったメールが指定した時間に自分にもう一度送られてくる。

時間指定の方法はこんな感じ

  • 1minute@followupthen.com
  • 2hours@followupthen.com
  • 3days@followupthen.com
  • 4weeks@followupthen.com
  • 5months@followupthen.com
  • 6years@followupthen.com

早速使ってみたところ、初めての利用にはメールアドレスに不正がないかの確認をしないといけないらしい


以前からこういうサービスが欲しかったので非常にありがたい。 とりあえずは 100years@followupthen.com に 「お前はもう死んでいる」と送っておいた。

追記:100年は指定できないみたいです。 “Oops! We couldn’t recognize the time interval you specified.”のエラーメールが送られてきました。


written by 管理人 \\ tags: ,


2 Responses to “非常に簡単に使える E-mailリマインダー FollowUpThen”

  1. 1. Followupthenが日本語に対応 » Webserviceを使っていこう Says:

    [...] 以前「非常に簡単に使える E-mailリマインダー FollowUpThen」で紹介させてもらった FollowUpThen が日本語に対応しました。 [...]

  2. 2. 日時を指定してメールを送れるFollowUpThenの使いかた » Webserviceを使っていこう Says:

    [...] 非常に簡単に使える E-mailリマインダー FollowUpThen http://webservice.ironsand.net/2010/how-to-use-follow-up-then/ [...]

Leave a Reply