4月 28

最近、パソコンに対して草食系の姉がAndroid携帯 Galaxy S を購入したので「色々と使いやすく設定をする」という名目で遊んでおります。 というか積極的にAndroid携帯をオススメして買ってもらって偶におもちゃとして遊ばせてもらっています。

Galaxy S で音楽を聞きたければ mp3 を SDカードにまとめてコピーするなりなんなりいくらでも手はあるんですが、パソコンをさわらない人間に「CDからmp3に変換して、SDカードにコピーする」を教えようと思うと3時間ぐらいかけて教えても、魔法の言葉「めんどくさい」のせいで放置される運命でしょう。

ですので、今回は設定さえしてしまえば バカ パソコンが苦手な方でもできるAndroidでの音楽の同期方法を紹介ます。

iTunes のインストール

iTunes のサイトから「今すぐダウンロード」を押してファイルを落としてきて、インストールします。 ちなみにメールアドレスを入れないとダウンロードできないような見た目ですが、何も入力せずにボタンを押したらダウンロードが開始されます。 さすがユーザーインターフェースにかけては定評のあるAppleです。

iTunesを入れたら使いたくもない QuickTime が自動で入れられたり、バックグラウンドで何個がかプロセスが常駐したりしますが、それはそれ。 諦めましょう。 それを差し引いても iTunes はとても良いソフトウェアです。

ここでCDを入れたら、自動的に音楽をインポートする設定にしておきましょう。 パソコン恐怖症の人はクリックがひとつ増えるたびに体力が3割ぐらい減ると想定して設定しておく必要があります。

Sugarsyncのインストール

まず、Sugarsyncのアカウントを取得してもらいます。 この時に紹介URLから登録して500MBのボーナスをもらうのも忘れないようにしましょう。 相手の人も得しますしね。 (紹介ボーナスが500MBなのは来月、5月末までです。 それ以降は250MBに戻るのでお早めに。)

SugarSyncの設定

パソコン側でアカウント取得とインストールが終わったらSygarSyncで同期されるフォルダを標準の”Music”から 2個下の階層の [iTunes Music]に変えておきます。 これでAndroid上での毎回の操作が少し楽になります。 あとは勝手にiTunesで取り込んだ音楽がSugaSyncのサーバーにアップロードされていきますので放置しときます。 これがクラウドの世界ってやつですね! (←検索率向上ワード:クラウド)

Galaxy Sへのインストール&設定

パソコン側の設定が終わったらGalaxy Sにまず SugarSync をマーケットから検索してインストールします。 インストールが終わったらメニューの[その他]→[開始ゲーム]に基本的な使い方のチュートリアルがありますので、もしかして、ひょっとして、本人がやりそうならさせてみせましょう、ほんのわずかでも可能性があるならば。 ですが100%しそうもないんであれば、ボーナス容量ゲットのためにやってあげた方が良いでしょう。 まあ放置しといても構いませんが。

さて、Galaxy S のSugarSyncを起動させたら、右下あたりにパソコンで設定したキャラクターアイコンに user-pc と名前のついたのがあるでしょうからそれをタップして開いてください。 開くとそこに先ほど同期した[iTunes Music]というフォルダがあるはずですので、それを長押ししてください。 メニューが出てきますので、その中の「これをデバイスに同期」を選択してください。

これで全ての音楽ファイルがローカルのデバイス上に保存されましたので、ネットワークがない環境でも音楽を聞けるようになりました。 新しく追加した音楽をもう一度Android上にダウンロードして保存しておきたいならば、右側に現れた同期ボタンを押してください。 そうすれば最新の状態に更新されます。

以上の設定が完了すれば、新しい音楽CDを買ってきてパソコンのCDトレイに入れるだけでAndroid携帯で音楽が聞ける環境になりました。 素晴らしい時代です。 ハラショー!

パソコンとAndroidを繋がなくても良いので iPhone+パソコンより便利かもしれませんね。

Android & Sugarsyncの利点

今回インストールしてから初めて知ったのですが、Galaxy SにSugarsyncをインストールすればオプション設定で撮った写真を常に同期することが出来るらしいです。 iPhoneのSugarSyncにはアプリの権限が限られてるためか自動的に同期ができず、SugarSyncのアプリ上で写真を取るか後から選択してアップロードするしかないのでこの機能は非常に便利ですね。 Android端末が欲しくなってきました。 誰か俺にプレゼントしてくれませんか?

written by 管理人

4月 13

Google Docs の印刷機能が大幅改善!

Google ドキュメントで書類を作成してるとページの区切りがわからないので印刷したい時に困ることが頻繁にあります。 そもそもオフィスソフトは印刷目的で使うことが多いですし。

ついにそのGoogle Docs の最大の問題点「ページ区切りの表示ができない」が改善されました!

設定方法

[View]⇨[Document view]⇨[Paginated] を選択するとページごとに区切った表示に切り替わります。 ヒャッホーーー!!

さらにGoogle Chrome を使えば印刷時にいちいちPDFに変換せずにそのまま印刷できるそうです。 ウィーヒゥーー!!

原文:Google Docs Adds Pagination and Native Printing

written by 管理人

4月 11

Sugarsync(シュガーシンク)ではアカウントを持ってる人同士でのファイルの交換はできるけど、Dropboxのようにアカウントを持たない一般ユーザーへのファイルの公開はできないと今ままで思っていたのですが、調べたら問題なくできることがわかりました。 むしろDropboxのものよりも使いやすいかもしれません。

Sugarsyncでのファイルの公開方法

まず一般に公開したいファイルを右クリックして Sugarsync のメニューから Get Public Link をクリックします。 そうすれば公開用のURLがクリップボードにコピーされるので後は好きな場所にはりつけるだけです。

クリップボードの中身がいれかわりますので注意してください。 WindowsであればCLCLなどのクリップボード履歴管理ソフトを使うと便利になります。

公開したファイルを非公開に戻す

Get Public Link を取得して公開したファイルはURLさえ伝えなければ他人にはダウンロード出来ませんので、友人・知人間のファイルの受け渡しにも使えます。 ですが、一度TwitterなどでURLを晒してしまえば誰でもダウンロード出来る状態になってしまいますので、必要がなければ「非公開」モードに戻しておいたほうが良いでしょう。

一旦公開したファイルを非公開に戻すためには、まずSugarsyncのページに行きログインしてメニューの Public Links を開きます。 そこに公開したファイルがありますので非公開にしたいファイルのチェックボックにチェックをいれて、出てくるメニューの一番下にある”Disable Link”を選択してください。 これでファイルが非公開になり誰にもダウンロードできなくなりました。

DropboxのShareable Linkとの違い

SugarsyncとDropboxは非常に良く似たサービスを提供していますが、このファイルの公開機能に関しては個人的に Sugarsyncの方が使いやすい印象です。 まず公開のためのURLの取得をDropboxではファイルの右クリックからウェブページを開くという2ステップが必要なのに対し、Sugaryncでは直接クリップボードにコピーされるので1ステップですみます。

またSugarsyncでは公開したファイルがダウンロードされた回数がわかるのも嬉しいかもしれません。

もちろんDropboxの方が便利な点もあります。 たとえば共有するファイルのサイズにSugarsyncは無料なら一つあたり5MB、有料なら2GBの制限がかかりますがDropboxには制限に関する記述がみつかりませんでした。 またDropboxではフォルダも共有に指定することができます。

状況に合わせてSugarsyncかDropboxの使いやすい方を選ぶのが一番賢い選択になりそうです。

written by 管理人

Theme designed by Wordpress Hosting supported by Best Web Hosting.