5月 22

Dropboxなどのオンラインストレージが色々あるようなので、サービスの特徴を簡単にまとめてみました。

Dropbox

初期容量
2GB
チュートリアルボーナス
+250MB
紹介ボーナス
+250MB(学生+500MB)
紹介ボーナス最大
8GB(計10GB)[学生は16GBの計18GB]
特徴
自動同期のオンラインストレージの最大手、情報が多くフォーラムが活発

Dropboxはもはや定番中の定番ですね。 とりあえずこの手のサービスを試してみたいという方はDropboxを使ってみるのが良いんじゃないでしょうか。

SugarSync

初期容量
5GB
紹介ボーナス
+500MB
紹介ボーナス最大
制限なし
特徴
初期容量5GBは魅力的。指定フォルダを同期対象にできる。

SugarSyncはDropboxほどは名前を聞きませんが、個別に同期するフォルダを選べたり初期容量がかなり大きかったりとDropboxより優っている点がいくつもあるサービスです。 ただ、パソコンに慣れている人には使いやすいインターフェースですが、フリーソフトを自分でいれたことがほとんどないような初心者の方には少し難しいUIかもしれません。

ZumoDrive

初期容量
1GB
チュートリアルボーナス
+1GB
紹介ボーナス
+250MB
紹介ボーナス最大
5GB(計7GB)
特徴
ローカルの容量を使わない事もできるので容量の少ないネットブックなどに便利。iPhoneアプリが動画のストリーミング再生に対応してるのも嬉しい。

以前の記事でも書きましたがZumoDriveの大きな利点はiPhoneアプリがストリーミング再生に対応してることですね。動画、音楽はZumoDriveが一番使いやすいのではないかと懐います。

SpiderOak

初期容量
2GB
紹介ボーナス
+1GB
紹介ボーナス最大
3GB(計5GB)
特徴
ローカル側で暗号化し同期するためサーバー側の管理者もデータを閲覧できないのが売り。

まだそれほど使っていないので詳しい評価はかけないのですが、セキュリティに特化してるオンラインストレージサービスです。 パスワードはローカルにしか保存されないので安全面が強化されているのですが、当然パスワードを無くしたらおしまいです。 パスワードの管理には十分に注意してください。

Wuala

初期容量
1GB
紹介ボーナス
+250MB(紹介された側は+1GB)、ただし紹介分は1年で失効
紹介ボーナス最大
3GB(計5GB)
特徴
SpiderOakと同じくサーバー側の管理者もデータを閲覧できない。ローカルのハードディスクを共有することにより使える容量が増やせる。

Wualaのサービスの特徴はなんといっても自分のハードディスク容量を共用に提供することによって自分の使える容量が増える「トレード機能」でしょう。 ただ、暗号化されているとはいえサーバーではなく知らない他人のパソコンの中にデータが保存されるのは少し不安を覚えるので、私は音楽や動画など他人に見られても問題ない物のみを保存しています。

まとめ

まとめようと思ったきっかけはどのサービスがどのOSに対応してるかを分かりやすくしておきたかったのが理由なのですが、SugarSyncがLinuxに対応していない以外は全てのサービスが主要なOS、Mobile OSに対応しているんですね。 今はWindows + iPhone の組み合わせで使っているのですが、将来的に乗り換えが楽な環境になってきてくれているのは嬉しい限りです。

追記

2011/06/20
SugarSyncのボーナスが500MBで固定、最大サイズ制限なしに変更されたようなので編集。
Zumodriveの最大容量がボーナス分のみで5GBだったので計7GBに編集。

written by 管理人

5月 08

注意
Zumodriveは現時点(2012/02/12)でサービスがまともに機能していませんので登録はお薦めできません。
詳しくはこちらを参照してください。

Zumodriveが終了しつつあるようです » Webserviceを使っていこう

http://webservice.ironsand.net/2012/zumodrive-does-not-work/
————————————————
ZumoDrive は Dropbox や SugarSync とよく似たオンラインストレージサービスです。
初期容量は1GBですが、「道場」という名前の使い方を覚えるチュートリアルを行えば2GBになります。
また、紹介URLから登録すると250MBのボーナスがあり、新しく紹介するたびに250MBのボーナスが5GBまで獲得できます。

さて、ZumoDriveのオンラインストレージとしての利点はすでにDropboxやSugarSyncを使っている人ならわかるかと思いますが「どのPCからでも同じファイルが参照できる。」事です。そして無くしては困るファイルのバックアップサービスとしても非常に優秀です。 Dropboxだけでは容量が足りないときなんかに使えますね。

ただこれだけの機能だと「Dropboxのパチもん」でしかありません。ZumoDriveが他のサービスと大きく異なる点は「キャッシュ機能」です。

ZumoDriveはZドライブとして動作するんですが、どのファイルを同期するかを選択することができます。ですので「ノートパソコンで残り容量が気になるけど、メインのデスクトップのパソコンにあるファイルは閲覧したい」なんて時に役に立ちます。

ローカルに同期されていないファイルもエクスプローラーで普通にファイルの名前が見えてみますので、通常通りダブルクリックするだけで自動的にサーバーからダウンロードされますので、少し開くまで時間のラグがありますが、それ以外は通常のファイルのように扱うことができます。

また音楽ファイルならストリーミング再生をしてくれますので時間のラグもほとんどありません。

そしてなによりもZumoDriveの素晴らしい所はMP4の動画ファイルをiPhoneなどのスマートフォン上でストリーミング再生できます。 mp3の音楽はSugarSyncでもできますが、音楽じゃなくて動画のmp4を再生できるんです。

まあ、ぶっちゃけますと個人的にははじめに書いたキャッシュ機能はどうでも良いんです。DropboxやSugarSyncと同じような使い方をして全部ローカルに同期するようにしてますので、まったく恩恵に授かってませんから。

でもですね、このスマートフォン上でMP4の動画が再生できるのは非常に魅力的なんです。よくYouTubeで面白いムービーを見つけたら JDownLoader を使って .mp4 で保存してるんですが、これを誰かに紹介するためにいちいちiPhoneのローカルにコピーするのがめんどくさい。「いや、そこまでする気はないですよ。」といった気持ちになるんです。

もちろんDropboxやSugarSyncのサーバーに置いといてみたい時に落としてくることもできます。ですがその方法は悲しいぐらい遅い。

「面白い動画見つけたんだ、見てよ!」→ みんなでiPhoneの画面に映しだされる”ダウンロードしています。”の画面を凝視。

という非常に残念な空気になってしまいます。…なってしまいました!

他にこの目的のために使えそうな機能といえばSugarSyncの「指定したフォルダのファイルを全てiPhone上に同期する」機能ですが、この同期もファイルサイズが大きければそれなりに時間がかかる上に、新しい動画を追加したらそのたびに同期しておかなくては意味がありません。とてもめんどくさい。仕事以外でめんどくさい事は人間しなくなるもんです。

ところがZumoDriveならストリーミング再生がありますので、サーバー上にさえ置いとけばネットへの接続がある環境ですぐに動画を再生することができます。最高ですね。めっちゃ便利。

いまさらですがストリーミング再生の意味がわからない人もいるかもしれないので簡単に説明しときますと「動画・音楽をダウンロードせずに再生する方法」です。 たとえば100MBの動画ファイルも1MBほど読み込むだけで再生出来ちゃうわけです。普通の再生方法だと100MB全てがダウンロードされるまでアホ面下げてぼーっと画面を眺めておくしかありません。

そうそう、それとZumoDriveは基本的にはDropboxのように特定のフォルダ(ドライブ)に同期したいファイルをぶち込むだけの簡単操作ですが、SugaSyncのように同期するフォルダを自分で選んで追加することもできます。デスクトップを追加しておけばデスクトップにダウンロードしたYouTubeの動画いつでもどこでもストリーミング再生なんてことができちゃうわけです。

ZumoDriveへの登録はこちらからして頂くと250MBのボーナスが紹介者、登録者の両方に入ります。

written by 管理人 \\ tags: ,

Theme designed by Wordpress Hosting supported by Best Web Hosting.