4月 27

Dropboxは初期状態で存在するフォルダ”Photo”と”Public”だけが外部に公開できたのですが、今回追加された機能でそれ以外の任意のフォルダやファイルが公開できるようになりました。

共有・公開の方法

以前まではPublicフォルダにファイルを置けば

のようにユーザー固有の数字の後にファイル名が直接付く形式でしたので
他のファイル名がわかってしまえばアクセスできる形になっていました。
通常のウェブサイトの公開方法と同じ形になっていたわけですね。

今回の新しい公開方法はあくまで非公開のファイルの一部をリンクを知っている一部の人と共有する方法ですので、今までのようにURLから他のファイルやフォルダを類推することはできなくなっています。

例えばこんな感じです。

https://www.dropbox.com/s/z2tdlijms52xzn9/favicon.png

この”z2tdlijms52xzn9″の部分を類推することはできないようになっています。

方法は特に説明の必要はないと思うのですが、ファイルかフォルダの右クリックメニューから[Dropbox]→[リンクを取得(もしくはGet link)]をクリックするだけです。クリックすれば自動的にブラウザが開きますのでブラウザのURL部分をコピーしてください。

なおPublicフォルダとPictureフォルダでは使用することができません。

共有機能の特徴

この共有機能の良い点はファイルの保存をせずにそのままブラウザで写真、動画、ドキュメントの閲覧ができる点です。

試しに持っていたmp4形式の動画(横幅640ピクセル)をアップロードしてみましたがブラウザ上でストレス無く見れました。

これは非常にいいですね。自分の場合だと参加してるバレーボールのサークルの試合の動画をいつもはダウンロードしてみてもらってたんですが、パソコンが苦手な人だとファイルのダウンロードも難しいんですよね。 ですのでこのようにブラウザ上で全て済ませてくれるサービスは非常にありがたいです。

もちろん動画をアップロードして限定範囲に公開するサービスなら他にも色々あるんですがアップロードがめんどくさかったり無料会員だとプライベート設定でアップロードできるサイズが非常に小さかったりと問題があったのですが今回のDropboxの更新で色々と解決しそうです。

注意点

この共有URLは今までの他のDropboxユーザーとの共有機能と違い、URLさえわかってしまえば誰でもアクセスできてしまうので共有URLを教える相手には注意することにしましょう。

共有リンクの削除

共有リンクはDropboxをブラウザを開いて左メニューの[リンク]から現在設定されてるリンクの一覧が閲覧できますので

ここから共有する必要がないものは削除しておきましょう。

Dropboxのアカウントをまだ持っていない方は紹介URLから登録していただけますと初期容量が250MBアップします。

参考

https://www.dropbox.com/links/features

written by 管理人

4月 27

4/24に発表された事ですが、SkyDriveのアプリが発表されてDropboxなどのようにオフラインに置いてるファイルを自動的に同期できるようになりました。

インストール方法

提供されたのはWindows,Mac,iPhone,Windows Phoneの4種類でAndroidのアプリはまだ出ていないようです。

アプリのインストールはこちらから行えます。
https://apps.live.com/skydrive

具体的な機能

やはり重要になってくるのは容量ですが、
さすがMicrosoftというだけあって今から開始するユーザーには7GB、以前からSkyDriveを使っていて一度でもファイルのアップロードをしたことがある人はちょっとした操作だけで25GBに無料でアップグレードすることができます。

また有料プランも用意されていますので無料プランの容量に+20GBなら10ドル/年、+100GBなら50ドル/年と増やしていく事もできます。

大容量プランを選んでもGBあたりの値段は一律年間2GBで1ドルとなっています。Dropboxの100GBプランが200ドル/年であることを考えると格安だと言えるでしょう。

ただ、SkyDriveにはアップロードされたファイルが上書きされた時に古いファイルを残しておく機能や一度消したファイルにもう一度アクセスする機能はないようです。その点の違いは覚えておいたほうがいいでしょうね。

またSkyDriveに固有の機能としてSkyDriveフォルダに入れていないローカルのパソコン上にあるファイルにもリモートからアクセスできるようにする事ができます。

つまりパソコンのハードディスクに置いてあるファイル全てiPhoneからアクセスできるわけです。

もちろん認証が必要でセキュリティの考慮もされているとは思いますが、私自身は少し怖くてこの機能はオフにしています。

25GBにアップグレードする方法

さて以前から使っていた人、具体的には2012/04/22までにSkyDriveにファイルのアップロードをしたことがあった人は以下の簡単なステップを踏むだけで無料で25GBの容量を手に入れることができます。

ただし、この無料での7GB→25GBへのアップグレードは一時的なものでずっと提供されるわけではないそうなので25GBが欲しい人は早くアップグレードをしておきましょう!

1. SkyDriveにログイン
https://skydrive.live.com/

2. 左のメニューの[Manage storage]を開く

3. 25GBにアップグレードするためのボタンを押す。
(アップグレードする前のスクリーンショットを取り忘れてましたので、これはアップグレード後の画面です。)

ここにボタンがなければ残念ながら25GBに増やすことは出来ません。

ですが7GBでもこの手のクラウドストレージサービスとしては大きい方なのでぜひ試してみては如何でしょうか。

written by 管理人

4月 21

Google アドワーズの7500円分の無料おためし券があったのでSugarSyncの紹介ボーナスを大量にもらってみました。

紹介ボーナスの限界

SugarSyncの紹介ボーナスは現在は最大で32GBとなっていますので64人の紹介が必要になります。普通にやっていてはまず無理な人数ですね。

またSugarSyncは紹介された方が無料プランではなく有料プランに登録された場合は通常の500MB+9.5GB、計10GBのボーナスが紹介した人・紹介された人の両方に入ります。しかもこちらは人数制限がありません。

アドワーズを試す前の状態

Google Adwords で試す前の状態は紹介ボーナスが21.75GBにその他もろもろのボーナスと初期容量で28.25GBありました。

そしてアドワーズ使用後がこちら。

紹介ボーナスが21.75GBから49.75GBまで増えました!
28GBの増加です。有料プランに登録して下さった方が2名おられたのが非常に大きかったですね。

具体的な方法

では具体的な方法を説明していきます。

まずGoogle Adwordsのクーポンがないことには始められないのですがこれは恐らくGoogle Adsense に登録すると送られてきます。
Adsenseに登録して送られてくるかどうかもわからないクーポン券を待ち続けるのが嫌な方は

https://services.google.com/fb/forms/adwordscoupon/

から直接申し込んでください。7500円ではなく75ドルになってしまい少し額は落ちてしまいますが。。

広告の出し方の流れ

全体の流れとして

1. キャンペーンを設定してから
2. 支払情報を登録します。

支払情報を登録すると設定したキャンペーンが自動的に開始されますので必ずキャンペーンを作ってから支払情報を登録する必要があります。

キャンペーンの作り方

まず新しいキャンペーンを”SugarSync”など適当に名前をつけて作ります。
次にキャンペーン内に広告グループを作ります。これも名前は適当でOKです。”Referral”と私はつけました。

次によく見たことがあるGoogleの広告のテキストを決めます。
書く項目は以下の5つです。

広告のタイトル:
広告テキスト1行目:
広告テキスト2行目:
表示URL:
リンク先URL:

表示URLが広告内部で表示されるURL
※例 http://sugarsync.com など

リンク先URLがリファラー情報を含んだURL
※例 https://www.sugarsync.com/referral?rf=c86z6gajs0qc

になります。広告テキストは適当に決めればよいでしょう。

3行のテキストを決めるのもめんどくさいという人は
https://gumroad.com/l/Wkuf
に1ドルで私が使ったテキストをおいてますので使ってください。

キーワードの設定

次にキーワードを決めます。
無難に “SugarSync”や”クラウドストレージ”と入れておくのが良いでしょう。

自分の場合は初めキーワードの設定方法を勘違いして一つのキーワードの入力欄に何個も単語を入れてしまっていたので広告単価が非常に高くなってしまいかなり損をしてしまいました。
(単語をスペースで区切れば別キーワードになると思い違いをしてました。)

そのようなミスをしなければもっと多くの紹介ボーナスを手に入れることができると思います。

後は一日にどれだけの金額を使うかを設定します、デフォルトの1000円で問題ありませんが、500円でも構いません。

支払情報の登録

Google Adwordsは支払情報の登録をしないと使うことができません。
もちろんクレジットカードなどの支払情報を入力しても無料クーポンの額を超えて使わない限りは請求されることはありませんので安心して下さい。

登録は特に困ることはないでしょう。
銀行振込を設定すると手数料1000円が取られるそうです。

なおアカウントに表示されるクーポンの残高はその日の使用分が勘定されていません。
例えば一日1000円使用する設定にしておいて、残高が1500円になっていれば実際の残高は500円しかありませんので気をつけてください。

もっとも重要なのはキャンペーンを停止させずに放置してしまいますと翌月の請求で泣くことになります。必ず停止しておきましょう。

参考

Dropboxの追加容量をアドワーズ無料お試し券で増やす
http://matome.naver.jp/odai/2132892778665913601

written by 管理人

Theme designed by Wordpress Hosting supported by Best Web Hosting.