4月 27

Dropboxは初期状態で存在するフォルダ”Photo”と”Public”だけが外部に公開できたのですが、今回追加された機能でそれ以外の任意のフォルダやファイルが公開できるようになりました。

共有・公開の方法

以前まではPublicフォルダにファイルを置けば

のようにユーザー固有の数字の後にファイル名が直接付く形式でしたので
他のファイル名がわかってしまえばアクセスできる形になっていました。
通常のウェブサイトの公開方法と同じ形になっていたわけですね。

今回の新しい公開方法はあくまで非公開のファイルの一部をリンクを知っている一部の人と共有する方法ですので、今までのようにURLから他のファイルやフォルダを類推することはできなくなっています。

例えばこんな感じです。

https://www.dropbox.com/s/z2tdlijms52xzn9/favicon.png

この”z2tdlijms52xzn9″の部分を類推することはできないようになっています。

方法は特に説明の必要はないと思うのですが、ファイルかフォルダの右クリックメニューから[Dropbox]→[リンクを取得(もしくはGet link)]をクリックするだけです。クリックすれば自動的にブラウザが開きますのでブラウザのURL部分をコピーしてください。

なおPublicフォルダとPictureフォルダでは使用することができません。

共有機能の特徴

この共有機能の良い点はファイルの保存をせずにそのままブラウザで写真、動画、ドキュメントの閲覧ができる点です。

試しに持っていたmp4形式の動画(横幅640ピクセル)をアップロードしてみましたがブラウザ上でストレス無く見れました。

これは非常にいいですね。自分の場合だと参加してるバレーボールのサークルの試合の動画をいつもはダウンロードしてみてもらってたんですが、パソコンが苦手な人だとファイルのダウンロードも難しいんですよね。 ですのでこのようにブラウザ上で全て済ませてくれるサービスは非常にありがたいです。

もちろん動画をアップロードして限定範囲に公開するサービスなら他にも色々あるんですがアップロードがめんどくさかったり無料会員だとプライベート設定でアップロードできるサイズが非常に小さかったりと問題があったのですが今回のDropboxの更新で色々と解決しそうです。

注意点

この共有URLは今までの他のDropboxユーザーとの共有機能と違い、URLさえわかってしまえば誰でもアクセスできてしまうので共有URLを教える相手には注意することにしましょう。

共有リンクの削除

共有リンクはDropboxをブラウザを開いて左メニューの[リンク]から現在設定されてるリンクの一覧が閲覧できますので

ここから共有する必要がないものは削除しておきましょう。

Dropboxのアカウントをまだ持っていない方は紹介URLから登録していただけますと初期容量が250MBアップします。

参考

https://www.dropbox.com/links/features


written by 管理人


Leave a Reply