1月 12

自動同期できるオンラインストレージのSugarSyncですが、OSを再インストールしたときにどう設定すればよいかが少しわかりにくかったのでメモしておきます。

環境

環境はWindows7でSugarSyncは無料アカウントを使っています。

恐らくどのOSや料金プランを使っていても設定方法は同じだと思います。

そして同期はDropboxのように一つのフォルダを対象にして行なっています。ちなみに置き場所は “x:\sugarsync” です。

なぜ自動的に再同期されないか

まず、なぜWindowsを再インストールした時にDropboxのようにアカウントの設定をして、Dropboxで使っていたフォルダを指定するだけでMerge(一つにまとめること)してくれないかを説明します。

これは別にDropboxが優れるとかSugarSyncが不親切だとかそういうことではなくて、単にどのようなサービスを提供してるかの考え方の違いです。Dropboxは基本的に同期してるすべてのパソコンで同じフォルダ構成を行いますが、SugarSyncは登録してあるPCやスマートフォンのデータをすべてクラウド上にバックアップした上で必要なファイルだけ他のPCやスマートフォンと同期します。

ここ重要。テストがあればここはかならず出るところですね。

つまり新しくWindowsをインストールしなおすと「PC1」と「PC2」の2つのパソコンからSugarSyncを使ってると認識されてしまうわけです。

設定方法

それじゃどうやって再びSugarSyncで再同期するかの設定をするかですが、サイトによっては「一旦ファイルをすべて別の場所に移動させて空のフォルダを作り、そこにSugarSyncのサーバーから全部落としてくるのが良い。」と書いてるところもあります。 でもこの方法だと同期してるファイルが多ければ恐ろしい時間がかかってしまうことになるので、DropboxのようにMergeする方法を使いましょう。

まずインストール時には何もフォルダの追加をする必要がありません。

そしてインストールが終わったら、SugarSyncのアプリケーションを開いてメニューのすぐ下にある[Manege Sync Folders]を開きます。

そしたらこんな画面が出てくるので

このSyncボタンを押します。「Mergeするか?」のようなことを聞いてきますので、OKを押してMergeしてください。あとはいつもどおり放置するだけで勝手に同期してくれます。再インストール前とファイル構成が変わってなければチェックだけになりますのでそれほど時間はかかりません。

ドライブ文字名やフォルダの場所が変わってる場合は[Sync]ボタンを押したあとに場所を変えるように指示するだけでできるはずです。

この記事を読んでる人は術にSugarSyncのアカウントを持っているはずですが、もしまだ持っていなくて登録しようと思ってる人がいれば

https://www.sugarsync.com/referral?rf=c86z6gajs0qc

こちらのURLから登録していただけると管理人が喜びます。

リファラーURLから登録すると紹介した人と登録した人の両方に500MBのボーナススペースがもらえますので、知り合いに使ってる人がいればその人に聞けばその人が喜ぶかもしれません。


written by 管理人


Leave a Reply