5月 14

Minusは無料で10GBのストレージがもらえる動画、音楽、画像の共有サイトです。

正直に言うと画像の共有サイトはFlickerや他にも色々とあるので使いませんし、音楽や個人的な録音を公開する機会も全然ないので「音楽」「画像」の共有サービスには興味はありませんでした。

でも動画はDropboxやSkyDriveなどのサービスを使ってもすぐに容量が一杯になってしまうので他にも欲しいと思っていました。

基本的にMinusは一般に公開して共有するのがメインの使い方のサイトなのですが、URLを知っている人だけがアクセスできる非公開設定にすることができるので使い始めることにしました。ホームビデオなどを仲間内で公開したい人におすすめのサービスです。

一つのファイルサイズの制限が2GBまでと非常に緩くなってるのもおすすめする要因です。

アカウントの作成

Minusに登録するときにこのURLから登録してもらえば紹介者と紹介された人の両方に1GBのボーナスがありますので、ぜひここから登録してください。

http://min.us/rb8FpzK

知人ですでに使っている人がいるか聞いて、その人の紹介URLから登録するのも良いでしょう。

登録はユーザー名とパスワードを入れるだけで、メールアドレスは入力してもしなくてもどちらでもOKです。パスワードを忘れた時のために入れておいたほうが良いかもしれません。

初期設定

Minusでは初期設定でアップロードしたファイルを公開する状態になってますので、プライベートな使い方をするためには初期設定を行う必要があります。

まずログインした状態で右上にあるユーザー名からSettingを選んでください。

設定項目の下の方に “Make new galleries Public by default” とありますのでこれのチェックを外して、[Save]を押して設定を保存してください。

これでデフォルトではアップロードしたファイルが公開されなくなりました。

※注意 あくまで「URLを知らない人はアクセス出来ない状態」です。 外部に絶対に漏れてはいけない動画のアップロードはやめておきましょう。まあ、普通はそんな動画は持ってないと思うのですが。。

使い方

Minusは非常に使い方が簡単で、専用クライアントもありますがそれをインストールしなくても充分使えます。

ブラウザにアップロードしたい動画をD&Dして投げ入れるだけです。あとは勝手にやってくれます。

2つ以上のファイルをまとめてアップロードしたい時や、それからスクリーンショットのアップロード機能を使いたい時はパソコン専用のクライアントをインストールしましょう。

しばらく私は使う予定はありませんが、iPhoneやAndroid向けのアプリも公開されています。

Windowsクライアントのバク

ブラウザからだと問題なく日本語のファイルもアップロードできるのですが、Windowsの専用クライアントで日本語を含んだファイルをアップロードするとサムネイルの日本語部分が”????”になってしまいます。

個別URLで見れば文字化けしていないのですが、まだこのバグは修正中なので日本語名を含んだ動画を使いたい時はブラウザ側からアップロードしましょう。

間違って公開してしまった動画を非公開に戻す

非公開にしたかった動画を間違って公開設定でアップロードしてしまったときはファイルを選択して[Action]→[Unpublish]で非公開にすることができます。

ただ、この方法で非公開にしても個別URLは変更されませんので、公開してた時にURLを覚えた人はいつでもアクセスできてしまいます。

完全に非公開に戻したい時は面倒ですが一度削除してからもう一度アップロードするのが一番の方法のようです。

感想

少し使ってみた感じの印象としては使いやすいUIですし、デザインも綺麗でアップロード速度もなかなか快適なので使って見る価値は十分にあるサービスだと思います。

Follow機能などもあり、Tumblrに似た使い方もできるサービスみたいですね。


written by 管理人


One Response to “動画の共有に便利なMinusを使ってみた”

  1. 1. デジカメデータのバックアップをMinusで行う » Webserviceを使っていこう Says:

    [...] この前「動画の共有に便利なMinusを使ってみた」で紹介したMinusに今度はデジカメのデータをアップロードしてみました。 [...]

Leave a Reply